« 「春期個別特訓講座」4月6日まで開講 | トップページ | 4月1日 »

2011年3月29日 (火)

「第1回入試諮問会」議事録(詳細版)公開

(2011年3月29日)

特色化選抜の存廃を巡る議論は

2011年度も継続して行われることになり、

2012年春(来春)の公立高校入試は

今の制度のまま、特色化と一般で

行われることになったという話は

先日も書きました。

(これをまだ知らない人がいるようなので、改めて赤字で強調して書いてみました(^_^;))

変更が先送りになってほっとした、

というわけでもないのですが、

次回の「入試諮問会」は日程も未定というので

しばらく県教委の発表のチェックを怠っておりました。

そんな折、このサイトの読者の方(塾生の保護者様でない方)から

ご指摘をいただきまして

県教委の「入試諮問会」のサイト

いつの間にか更新されていたことを知りました。

ご連絡、ありがとうございます。

 

今回公表されたのは2月24日の第1回会合の

詳細な議事録(PDFファイル注意)

既におおまかな内容(議事概要)は公表されていましたので

特に新鮮味のあるものではありませんでしたが、

こういう議論の内容が公表されることは

今までの入試改革議論(in岐阜県)ではなかったことで、

大変良いことだと思います。

また、この議論の方向を見ると

以前私が少し触れた、千葉県のような

「看板の掛けかけ」で終わる改革になってしまう可能性は

低いかもしれませんね。

 

入試諮問会のページの最後には

◆諮問会に関する御意見がございましたら、次のあて先までお願いします◆

という記述もありますので、

小中学生の保護者の皆さん、

あるいはもう高校入試を終えた高校生以上の方や

その保護者の皆さんも、

県教委にどんどん意見を送っていただければと思います。

私も送ろうかな・・・。でも、公教育関係の皆様と「公的に」接すると

「塾屋」は人間扱いされないことが多くて(^_^;)

公教育関係の方でも、職業科高校の先生と私立高校の先生は

私たちに親切にしてくださるんですが。

まあそんなことは承知でこの仕事をしているので、別にいいのですけどね。

 

今後の議論に注目していきたいですね。

 

« 「春期個別特訓講座」4月6日まで開講 | トップページ | 4月1日 »