« 賢学塾は入試前日まで走り続けます。 | トップページ | もちろん明日も朝から »

2011年3月 7日 (月)

岐阜県立高等学校入学者選抜に関する諮問会のページ
(特色化選抜存廃検討)

(2011年3月7日)

更新されていたようです。

こちらです。

ウチのホームページからもあとでリンクを貼っておきますね。

 

このページ、ちょっと前まで、

過去の資料(平成17年とか20年とか)しか載せていませんでしたが、

先日の諮問会の議論について、

いつの間にか、いろんな資料を載せていますね。

この前の愚痴が県教委に届いたのでしょうか?(*^-^)

まあ、市井の端っこでぼそぼそ書いた私の愚痴が、

県庁に届くわけはないんですけどね( ̄Д ̄;;

いずれにしろ、今回の「改革」に関しては

以前よりも「情報を公開しよう」という意図が

感じられます(記憶違いだったらごめんなさいね)。

そのあたりは好感が持てると思います。
(私が好感を持ったところでどうだという話でしょうが)

せっかく公開された資料ですから、

皆さんも議論の中身をよく見ておいてください。

 

しかし、今や焦点はそこにはありません(私の中では) 

来春から変えるのか、やるとしたらどういう順序立てをするのか

その一点に絞られています(私の中では)

 

例によって、無い知恵を絞って今後のことを

考えてみました(邪推です)(^-^;。 

 

・・・考えられるケース(繰り返しますが邪推です(゚ー゚;)

1.このまま答申が出るであろう4月以降まで放置。

   来春から特色化選抜を廃止するか否か、

   表面上は4月以降も不明なままということになります。

   しかし、年間予定を策定する関係で

   来春やるかやらないか、学校関係には告知しないと拙いはず。

   だから「内々に」存廃について伝達するんでしょう。

   でも、これじゃ諮問会の議論を公開したからって

   今までと何にも変わりませんよねえ。

   情報公開もポーズに過ぎない、と言われても仕方ありませんよね。

   まあ諮問会の「議論」や「答申」についても「?」をつけられるような

   展開ですね。

 

2.「諮問会」が正式な答申を出す前に

  「特色化廃止」で「中間とりまとめ」を出す。

   3月下旬までに入試諮問会が「中間とりまとめ」として

   特色化選抜廃止を先行して決定し(たことにして)、

   3月末までに県教委がそれを発表。

   具体的な選抜方法の決定は4月以降の最終答申に先送りする。

   こうすれば、日程の問題は公式な形で回避できます。

   たぶんこれが一番現実的なパターンだと思いますが、

   私の予想は外れることで有名です(笑)

   しかも、以前書いたように詳細は夏前まで不明という

   2011年度中3生が可哀想な展開になると言うことですね。

 

3.来春からの変更をあきらめて「諮問会」の答申が出るまで

  結論は先送りする。すなわち変更は再来年春からになる。

   まあ、あり得ないでしょうけど、私はこれがスジだと思います。

   入試制度の変更は、

   最低でも1年以上前には詳細まで決めているべきだと

   私は考えるからです。

   でもこれは現実的には可能性が低いでしょうね。

   やったら渾身の力を込めて拍手しますよ(笑)

 

というわけで、この話はまだまだ続くようです。

早く来春についての結論をください(笑)。

« 賢学塾は入試前日まで走り続けます。 | トップページ | もちろん明日も朝から »