« 約束の3月末はもうすぐ | トップページ | 来春からの公立高校入試のイメージ(修正版) »

2012年3月23日 (金)

「来春から入試変えますよ」正式宣言

いちおう「約束を守った」ということになるのか、
県教委は確かに来春からの新制度を
3月末までに発表しました。
またしても私の予想は外れて(^_^;)
昨日発表したようです。
今朝の朝刊で知りました。
県庁の報道発表資料のコーナーにも
このように掲載されていますので(PDF注意)
ぜひ現物をご覧ください。
 
それにしても、これを書いたのが一昨日の晩。
全くどういうタイミングなんだと
自分の間の悪さにも呆れています。トホホ・・・。
 
しかし、よーく読んでみると
今回発表された内容は、概要のみ?
これが「詳細」と言えるものかどうか
微妙な感じです。
詳しくは是非ご自身でご覧いただきたいのですが
今回新しく出てきた内容は

1.学力検査の時間が1教科45分→
50分になった。
   (確かに45分は窮屈でした。特に国語や英語は来春から問題構成に変化があるかも)
2.来春の具体的な日程が決まった。
   (入試は2013年3月12日、発表は3月19日)
3.出願変更制度は維持された。
   (日程表に出願変更期間があるので)
4.「標準検査」「独自検査」という呼称が決まった。
   (全員が受ける学力検査等を「標準検査」と呼ぶ)
5.独自検査の枠と一般の枠の関係が決まった。
   (独自検査で不合格になっても自動的に一般枠の選抜にまわる)
6.第二次選抜の中身が少し詳しくなった。

以上、6点かな
それ以外は11月の諮問会答申をなぞっただけのような・・・。
前回も書いたように、
教育長は12月に県議会でこうおっしゃいました。
 
新しい制度についてさらに具体的に検討を進め、今年度末をめどに入試日程や検査内容等を発表したいと考えております。
 
あのー、僭越でございますが、
「さらに具体的に検討」された部分が
あまりないような・・・
確かに以前書いた疑問の一部は解決したのですが、
解決していないものも残っています。
ここの「不明な点」4とか。「不明な点」2に関してはゼロ回答というか公表しない?)
さらに言えば、今後の発表スケジュール、
各高校が独自検査を採用するかどうか
採用する高校は定員の何%、
どういう生徒を求めているのかという点について
詳細をいつ明らかにしてくれるのか
タイムテーブルがありません・・・
 
こうやって見ていくと、
これって私が前々回に書いた
3月下旬 「来春から入試制度を変更する」と県教委名で正式発表
ってことと実質的には同じじゃないかと・・・。
 
残念だなあ。
私は最初に「予想は外れて」と書きましたが、
中身を見ると、むしろ私が前々回予想した通りに
進んでいる印象さえ受けます。
日程の発表が前倒しになっただけですね。
むしろ私の予想より遅くなるかも。
この調子だと、7月末まで
今回の発表から1ミリも前進しない可能性が
高まりました・・・
 
えええええええっー
いやだーそんなのいやだー。
 
・・・と子どものように駄々をこねても
仕方がありませんが、
私の期待は急速にしぼみつつあります。
ここまでの県教委の動きの機敏さには
本当に感心していたのに・・・。
重ねて表明いたしますが、大変残念です。
 
 
 
追記

今回、県教委が発表した資料を見ると、
調査書(内申書)の評定の合計の仕方についての
記述が欠落しています。
概要だから載せる必要など無いということかな。
おそらく諮問会答申の通り、
すなわち中3の評定を2倍して3学年合計という
これまでの方式を踏襲するものと思われますが、
ひょっとしてひょっとしてひょっとして
取扱未定で敢えて書いてないのだとすれば
今後に不安として残ります・・・。

« 約束の3月末はもうすぐ | トップページ | 来春からの公立高校入試のイメージ(修正版) »