« 【2016年春】出願変更期間中の出願状況は各高校のサイトに掲示されています。 | トップページ | 紹介割引・特典はありません 2016 »

2016年2月26日 (金)

ビジネス科と情報科

 今日は嬉しいことがありました。弊塾が最近ブログの記事にしております「公立高校第一次選抜出願状況」について、メールにて次のようなご指摘をいただいたのです。
「出願状況 岐阜地区 のブログ拝見しましたが、岐阜各務野高校の欄で、ビジネス科と情報科をまとめて、商業科合計と記載されていますが、これは誤りです。正しくは、ビジネス科が商業科、情報科が情報科です。教育委員会等にご確認のうえ、訂正されますことを希望いたします。」
 確かに、情報科は福祉科と同じように、商業科・工業科のような既存の学科とは別の独立した専門学科として誕生した学科ですので、ビジネス科と情報科をまとめて「商業科合計」と記載するのは不適切な表現でした。というわけで今日(変更2日目)からの表では、両学科をまとめた欄については(適切な表現が思いつかないため)、単に「ビジネス+情報」と記載しております。学科が全く異なるのに合計するのは、岐阜各務野高校ではビジネス科と情報科のそれぞれの受検生が、第2志望に相手の学科を書くことができるからです(他方、同じ高校でありながら、福祉科の受検生は「第2志望が書けない」し、他学科の受検生も「第2志望として書けない」ので合計していないわけです)
 このように、高校によって(1)全体の数を合計している、(2)一部学科だけ合計している、(3)合計せず学科ごとの数のみを書いている、という違いがあるのは、受検生が第2志望(や第3志望)としてそれらの学科を願書に書けるか否かという点で判断しております。(実はこれについてもごく一部の高校では全員を一律に括ってしまうのが難しいところもあるのですが、そのあたりは表の「一覧性」を優先しています)
 さて、以前も書きましたように、この出願状況表はもともと塾内での情報の共有や私自身の情報の整理のために作ったものを、「せっかく作ったので」とウェブサイトにも掲載しているものです。ところが、ネットの世界ではいったん公開すれば(どこまで拡散させたいかなどという当事者の意思とは無関係に)広く世間の人の目に触れることになります。今回このような語句の間違いを指摘していただいたのは、こうしたネットの拡散力のおかげであり、それだけでもこの表を世に出しておいた価値があったように思います。弊塾内でのみ掲示していたら、こうした部分での間違いを指摘する人はおそらく誰もいなかったでしょう。ご指摘いただいた方に感謝申し上げますとともに、こういうネットの力にもまた、感謝した次第です。
 
 で、何度も何度も繰り返して書いておりますが、この変更期間中、出願状況の正確にして正式な情報は各高校のサイトに掲載されています。弊塾はそれをもとにまとめたに過ぎません。みなさんもどんどん各高校のサイトに行って確認してください。
 
 そしてこれも改めての確認ですが、次回の出願状況の更新は週明け2/29(月)の正午締切のものです。当然ですが明日あさっては土日ですので出願変更はできません。だから出願状況も変わりません。
 今日の数字のまま、月曜日の朝を迎えることになります。だから本当に変更するか否かで相談中の方を除いては、余計なことは考えず学習に専念しましょう。
 なお、2/29は高校が卒業式前日のため、半日の受付です。
 したがって、2/29正午締切の数字=2/29時点での出願状況となります。
 そして3/1のお休み(高校卒業式のため)を経て、3/2(水)の午前中が最終日の受付となります。3/2(水)正午に出願状況が確定するわけです。

« 【2016年春】出願変更期間中の出願状況は各高校のサイトに掲示されています。 | トップページ | 紹介割引・特典はありません 2016 »