« 2016年3月16日を終えて | トップページ | 県立高校再編へ動き出す »

2016年3月18日 (金)

【2016年春】「公立高校入試」はまだ終わっていない

 公立高校第1次選抜は3/16の合格発表で全日程を終了しましたが、その同じ日から、第2次選抜に向けた動きが始まっています。
 第2次選抜は、第1次選抜で欠員が生じた高校・学科を対象に行われるものです。一昨日(3/16)には(第1次選抜の合格発表の裏でひっそりと)各公立高校で第2次選抜を実施するか否か、実施する場合にはその募集人員が何人になるかが、発表されました。そして昨日(3/17)が第2次選抜の出願日、今日(3/18)が第2次選抜の出願先変更日です。入試そのものは来週水曜日に行われます。
 第1次選抜の合格発表の翌日が第2次選抜の出願期日のため、中学校によっては「第2次選抜に出願するつもりがあるかどうか」を2月初めの進路相談の段階であらかじめ確認しているところもあったようですね。ウチの塾生たちは、このときに「受けるつもりはない」と答えたようですし、実際のところ第1次選抜で全員合格したため、今年の弊塾にとっては関係のない話になっていますが(第1次選抜で合格した生徒は、第2次選抜の出願資格がありません)、こういった場合に私たちがどう対応したらいいのかは、常に考えておかないといけないと思って見ています。現実問題として、3/16の第1次選抜合格発表の結果を受けてじっくり相談していたら、間に合わないスケジュールになっていますね。出願は発表翌日の1日だけです。
 

第二次選抜の日程
出願期日・・・3月17日(木)
変更期日・・・3月18日(金)
検査期日・・・3月23日(水)
合格発表・・・3月25日(金)

 
 第2次選抜の募集人員や出願状況については、いつものように県庁の入試情報のサイトに行けばすべて見られるので、そちらをご覧ください。この第2次選抜の実施について、注目すべき点がいくつかあったのですが(西濃学区ではありませんが、他学区のある高校では少し「ミステリアス」な事象も)、それはまた改めて整理して、ここに書きたいと思います。
 今はとにかく、まだ戦いを終えていない受験生(受検生)の皆さんに、よい結果がもたらされることを祈っております。頑張ってください。

« 2016年3月16日を終えて | トップページ | 県立高校再編へ動き出す »