« 再び一正面作戦&高専入試 | トップページ | 高専合格「2分の2!」 »

2020年2月19日 (水)

【2020年春】公立高校第一次選抜の出願が始まる。

といっても、願書は中学校がまとめて出すので彼ら受験生(受検生)個人には関係がない話。
彼らは先々週にはもう願書を書いているだろう。
だから「今さらか」と思う子もいるかもしれないが、実は今日から受付開始なのだ。
1629703
 
改めて日程を確認しよう。
 
2020nyushischedule
 
彼ら受験生たちに関係というか関心があるだろう日は、
出願締切日の来週火曜日(2020年2月25日)
この日の正午、出願者数は確定し、ほどなくして各高校がホームページと玄関に出願者数を掲示する。
夕方6時過ぎには県教委のサイトにも出願者数の一覧が掲載されるが、弊塾では毎年、この各高校の掲示をもとに、西濃地区と岐阜地区の出願者数の一覧を作っている(昨年度の記事はこのあたりから)。
順調にいけば今年も2020年2月25日午後2時頃までにはここに上げられるはずだ。
「順調にいけば」というのは、こちらの作業の手際の問題というよりも、各高校の掲示のテンポの問題。
去年は足並み揃えてどの高校も素早かった記憶があるが、年によってはまれに遅い高校が1つ2つある。
そうなると一覧表は作れなくなるのだった。
しびれを切らしてその高校だけ空欄で出した年もあったっけ。
(なお、その後発表されしだいちゃんと埋めているので、ここの記事を遡ってもそういう不完全な表は残っていない)
翌日(2/26)からは出願変更期間。
1回だけ、出願先を変更できる。
出願変更期間中も、正午と午後4時時点での出願者数の掲示がある。
それぞれ、数十分~1時間後までには掲示をされるはずだ(普通は)。
弊塾ではその日の最終の出願者数を夕方にまとめてここに掲載する。
上の日程表にもあるように、出願変更期間の受付は変則的で、一日受付の日、半日受付の日、そして期間中の平日なのに受付をしない日もある。
今年は「休日を使って周りの人とじっくり相談」ということがしにくい日程に思える(休日明けが最終日で、半日しか受付しない)ので、あまり動かない(動けない)気もするが、こればかりは蓋を開けてみないと分からない。
ただ、ウチの塾生に関しては変更の予定はないはずで、今のところ塾で相談の予定はない。
2020年3月3日(火)正午、出願変更は締め切られ、最終的な出願者数は確定する。
出願締切日と同じように、正午の締切後ほどなくして各高校が掲示をするので、弊塾でもそれをもとに一覧表を作る。
夕方6時過ぎには県教委のサイトにもアップされるはずだ。
 
というわけで、一昔前と違い、出願状況については県教委や各高校がネット上にアップロードしてくれる。
1438053
受験生はそれを見るのが一番間違いない。
各高校がどのページで出願者数をアップロードするか、その一覧表(PDF)も県教委が公表しているので参考にされたい。
弊塾も表を作るが、それはあくまでも参考資料である。

« 再び一正面作戦&高専入試 | トップページ | 高専合格「2分の2!」 »